マリ・エル共和国国立オペラ・バレエ劇場 エリック・サパエフ記念

対象: 20歳〜28歳程度の心身共に健康なバレエダンサー
期間: 1年間
内容: バレエ団での1年間のインターンシップ(無給)
  • 当バレエ団の公演準備に参加
  • 当バレエ団のレッスンに参加
  • 当バレエ団のレパートリーを学び次第、バレエ団の公演に出演
  • 当バレエ団のロシア国内外の公演ツアーに参加
    • インターンシップ終了後、正式に入団するチャンス!
募集締切: 限定なし
インターンシップ開始: 2018年1月1日〜
公式HP: https://www.operaballet.net/ru/

マリ・エル共和国国立オペラ・バレエ劇場について

ロシア西部にあるマリ・エル共和国の首都ヨシカルオラ市に位置するマリ・エル共和国国立オペラ・バレエ劇場は、1968年に音楽劇場として設立されました。1994年に名称更され、マリ・エル共和国の文化発展に大きく貢献した優れた音楽家エリック・サパエフ記念マリ・エル共和国国立オペラ・バレエ劇場を名称されました。

最初は劇団、モスクワやサンクトペテルブルグ、ペルミなどのロシアのトップバレエ学校と音楽学校の卒業生を務められ、それが舞台芸術に大きな影響を与えられました。このように、同劇場は、地域の文化の中心となり、舞台芸術に大きく貢献しました。

現在、マリ・エル劇場でロシア連邦功労芸術家の3人、マリ・エル共和国人民芸術家の7人、マリ・エル共和国功労芸術家の31人、ロシア連邦功労美術家の2人が活躍しています。

さらに、同劇場では、バレエとオペラの国際フェスティバル、バレエコンクールなどが行われます。最もよく知られているのは、『«Зимние вечера» :雪の晩』という国際バレエフェスティバルであり、アメリカ、イタリア、日本等の国が参加しています。2002年以降毎年、優れたロシアのバレリーナ ガリーナ・ウラノワ記念をした国際バレエ・フェスティバルが開催されています。また、同劇場のバレエ団は世界的に有名な振付師、監督、指揮者などと共演することも多く、幅広いレパートりーを演じています
現在、同バレエ団は、ロシア国内だけでなく、海外公演ツアーにもよく出ています。ドイツ、南米、アラブ首長国連邦、レバノン、台湾、韓国、中国などで成功を収めています。

5UncbLw46pU image.image8199 opera_ballet_theatre_new

主なレパートリー

「バヤデルカ」、「ドン・キホーテ」、「ジゼル」、「シンデレラ」、「カルメン」、「海賊」、「白鳥の湖」、「スパルタクス」、「ロミオとジュリエット」、「眠れる森の美女」、「くるみ割り人形」、「エスメラルダ」、「うるわしのワシリーサ」、「カルミナブラー」、「カトゥリ・カルミナ」、「巨匠とマルガリータ」、「夏の夜の夢」、「トリウムフォー ディ アフロディテ」、「ツべティクミツベティク」等

 

ヨシカル・オラについて

モスクワから東へ向かって862 キロ、ヨーロッパ・ロシアの中東部、ヴォルガ川流域に位置するヨシカル・オラは、1584年設立され、1936年マリ・エル自治共和国の首都になりました。それ以降発展し,現在マリ・エル共和国の行政,経済,文化の中心地となっています。機械工業 (電機,工作機械) が発達しており,木材加工,食品,家具などの工業も立地しています。ハイウェーの分岐点で,ニジニーノブゴロドとカザンを結ぶ幹線鉄道からの支線が延び、空港もあります。人口は 25万2 935人(2012年調査)。 民族の人口は、ロシア人が61.2%を占め、地方から転入してくるマリ人23.3%やタタール人4%です。ヨシカル・オラには文化宮殿やマリ・エル劇場などの文化施設があるほか、マリ・エル国立大学、工科大学,言語・文学・歴史研究所など、数多くの大学、博物館、美術館などが集中しています。

Йошкар-Ола.Набережная