チャイコフスキー記念 サンクトペテルブルク・バレエ・シアター


対象: 20歳〜25歳程度で身長165cm以上の心身共に健康なバレエダンサー
募集人数: 3名
期間: 1年間
内容: バレエ団との正式な雇用契約(有給)
  • 当バレエ団の公演準備に参加
  • 当バレエ団のレッスンに参加
  • 当バレエ団のレパートリーを学び次第、バレエ団の公演に出演
  • 当バレエ団のロシア国内、ヨーロッパの公演ツアーに参加
募集締切: 5月31日
インターンシップ開始: 2016年7月1日〜
公式HP: http://spbtt.com/?lang=ru

チャイコフスキー記念サンクトペテルブルク・バレエ・シアターについて


チャイコフスキー記念サンクトペテルブルグ・バレエ・シアターは、マリインスキー劇場管弦楽団とサンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団のアーティストであるパヴェル・ヨルキンによって、サンクトペテルブルグの劇場から若く 野心的で才能豊かなアーティストと、ワガノワ・バレエ・アカデミーやそのほかのロシア国内のトップバレエ学校の卒業生53人が集められ、2012年に設立されました。

バレエの聖地ともいえるロシア・サンクトペテルブルグを本拠に、ヨーロッパのドイツ、ノルウェー、スウェーデンほか世界中で公演を行い絶賛されており、現在サンクトペテルブルグで活躍しているクラシック・バレエ団の中でトップバレエ団の一つとして認められています。

全世界で積極的にツアーを行い、1年のうちの5・6ヶ月を国外ツアーに費やしています。チャイコフスキー記念サンクトペテルブルグ・バレエ・シアターは、アレクサンドリンスキー劇場、エルミタージュ劇場、サンクトペテルブルグ音楽院オペラバレエ劇場など、サンクトペテルブルグ市内の著名な舞台で年間150~200公演を行っています。

主なレパートリーは「くるみ割り人形」「ロミオとジュリエット」「白鳥の湖」「コッペリア」など。

 

 芸術監督:エリザベッタ・メンシコフ

ワガノワ・バレエ・アカデミーをトップの成績で卒業、学校のガラ公演と卒業試験となった振付を多数創作。2012年からチャイコフスキー記念サンクトペテルブルク・バレエ・シアターの芸術監督を務め、ロシアの独自のクラシック・バレエ芸術の伝統を守りつつ、意欲的な振付を創作している