ロシア国立ノボシビルスク・バレエ学校


留学生募集オーディション開催 novo-logo2

 

 

ノボシビルスク・バレエ学校はワガノワ、ボリショイ、ペルミと並び、ロシア国立トップバレエ学校の一つであり、名実共にシベリア地区最高の名門バレエ学校としてその名を知られています。
今年からエイ・アール・ビー東京では、公式留学生募集オーディション開催いたします。
オーディションの結果により、1 年間から4 年間までの長期留学を受けることが可能です。
本気でバレエ芸術を学びたい方、海外バレエ留学を考えている方、是非この機会をご利用ください!

nghk_fasad

オーディション応募要項

募集期間: 2017年4月3日(月)〜 7月31日(月)
募集人数: 3名程度
審査内容: バーレッスン、センターレッスン等の実技、バリエーション(ビデオ審査のみ)
最終合格者発表: 2017年8月31日(木)
参加資格: 1998年1月1日〜2002年4月1日までの間に生まれた方
※プロのダンサーを目指し、留学する強い意志のある方。

■ オーディション応募方法

メール送信 以下のオーディション参加申込書PDFをダウンロードし印刷の上、全て英語でご記入ください。ご記入頂いたオーディション参加申込書と履歴書をスキャンし、ARB-TOKYOまでEメールに添付して送信してください。

  1. オーディション参加申込書
  2. 英文の履歴書(※バレエ経験やトレーニングなど、可能なかぎり詳しくお書きください)
  3. バレエ衣装でのポーズ写真1枚
  4. バーレッスン、センターレッスン、2~3つのバリエーションなどの実技のビデオ※容量の大きい動画や大量の写真を送るなら、ファイル転送サービスを使ってファイルをアップロードし、そこにアクセスするためのURLリンクをお送りください。

合計点を、academyrussianballet@yahoo.com CC: almazbeck@mail.ruへ送信ください。

btn_pdf_downloadオーディション参加申込書PDF

■  留学案内

場所: ノボシビルスク市/ロシア
対象: クラシックバレエトレーニングを受けた15~19歳の日本人の男女
※プロのダンサーを目指し、留学する強い意志のある方。
留学開始時期: 2017年9月(ビザ申請手続きによって開始日が変わる可能性がありますので、ご了承下さい。)
留学期間: 2017~2018年
※オーディション結果によって留学期間は1 年間から4年間までとなります。生徒の意志によって修学期間は選択できます。修学を終えると、サーティフィケイト(証明書)が授与されます。4年の修学で、学校発行のディプロマ(卒業証書)が授与されます。
申込締切: 2017年7月31日(月)
費用: 1学年450,000ロシアルーブル(学費、寮費、食用費を含む)
※2016年度の情報となりますので、変わる可能性があります。
カリキュラム例: 実技系:    クラシック(週2回ポアント・レッスンあり)、デュエット、キャラクター、モダン、レパートリー、演技 など
学科系:    ロシア語、バレエ史、演劇史、音楽史、美術史 など
授業の一例(16歳クラス):   8:30 ~   9:15    演劇史
9:25 ~ 10:15    美術
10:25 ~ 12:00   クラシック実技
12:20 ~ 13:40   バレエ史
14:30 ~ 15:10   クラシック実技
15:30 ~     作品リハーサル
学校の公式HP: http://nghk-nsk.ru/
ARB のサポート内容:
  • オーディション準備サポート(ビデオ審査のみ)
    ・ビデオ編集
    ・オーディションに必要な書類作成にあたってのサポート(履歴書の露訳など)
    ・ビデオ、写真の学校への送付
    ・現地学校との通信業務
    ・合格、不合格通知の和訳
  • 入学前のサポート
    ・入学手続き
    ・現地受け入れ校との通信業務
    ・必要書類作成のサポート(現地の言葉への翻訳)
    ・学生ビザ取得のサポート
    ・必要書類の案内
    ・入学手続き方法の説明
その他:
  • 学校入学条件・料金などは、お客様それぞれの条件によって異なることがありますのでARB-TOKYOまでご相談ください。
  • 現地の都合によって情報が変更することがありますので、最新の情報はお問い合わせフォームよりARB-TOKYO までお問い合わせください。

■ 学校の紹介

ノボシビルスク・バレエ学校は1956年、ノボシビルスク・オペラ・バレエ劇場のダンサー養成を目的として設立されました。ロシア各地から多くの才能ある学生が集まり、国内外世界最高峰の舞台で活躍しているプロバレエダンサーを多数輩出しきました。設立から720人の卒業生を輩出し、その内8人はロシア人民芸術家、26人はロシア名誉芸術の称号を授与されました。

ノボシビルスク・バレエ学校では、ロシアの高度なバレエ学校を卒業した教師、ノボシビルスク・バレエ団出身の教師が多く、ロシアバレエの伝統的な教授法であるワガノワメソッドのカリキュラムに基づき、本格的なバレエを指導しダンサーを育成しております。

1993年から外国人留学生の受け入れを始め、現在、世界各国からの入学希望者の内、毎年20名が入学を許可されています。入学試験の競争率は時に十数倍にも達しています。

近年、新校舎が建設され、学生寮とスタジオと学内劇場などが増設され、より快適で充実した設備となり、受入れ学生数は今後も増えていきます。

0294 01-16Большое-зрительское-фойе_3

■ ノボシビルスク市について

ロシア連邦の中部南方に位置する都市ノボシビルスクは、シベリアの中心都市であり、

人口は約160万人で、モスクワ、サンクトペテルブルクに次ぐ第三の都市です。民族的な構成はロシア人が 93%を占め、その他はウクライナ人、タタール人、アルメニア人、ドイツ人等となっています。

第二次世界大戦の時、荒廃しサンクトペテルブルグやモスクワといったバレエ、音楽などの芸術家がノボシビルスクに避難し、活躍してきました。その関係で戦後ノボシビルスクでは、芸術が栄えて、音楽、バレエ、演劇など質の高い優れた芸術・文化を誇るロシアの中でも一大中心地となっています。1945 年に完成した「ノボシビルスク国立オペラ・バレエ劇場」は、世界最大規模の舞台を誇り、シベリアのボリショイ劇場と呼ばれ、市のシンボル的存在となっています。

優れた芸術文化を育んだ背景として、ノボシビルスク国立グリンカ音楽院、ノボシビルスク国立建築・美術学院、バレエ学校、演劇学校、ノボシビルスク国立教育大学美術学部など優れた芸術家を輩出している教育機関があげられます。

ノボシビルスク市の代表的な企業のほとんどは工業製品を製造しており、いわゆる大手企業は 200 社ほどに上ります。主な製造品としては、航空機をはじめとする各種機械類、電化製品などがあります。

ノボシビルスクはシベリア開発の中心地として発展してきたため、帝政、ソ連邦時代を通じて国内外から学者、技術者や労働者が集まって街づくりが行われてきました。このため、外国との結びつきが強く、国際交流機関も多いです。海外からの観光客も多く、高級ホテルやデパート、レストランなどの産業が大きく発展、社会的にも住みやすい環境です。

ノボシビルスクの気候は秋が日本の冬に相当し、冬ともなれば零下30度まで気温が下がる日は稀ではありません。一転して夏は乾燥した暑さが特徴です。この夏冬の大きな気温差がシベリア・タイガ地方特有の気候と言え、独特の美しい自然と景色を育んでいます。

Novosibirsk_Glavny_Station_07-2016_img3 Novosibirsk-Opera-and-Ballet-Theatre-132 Вид_на_правый_берег_с_Коммунального_моста