バシキール国立オペラ・バレエ劇場

 bashkir_4  bashkir_3  bashkir_2

 

対象: 20歳〜28歳程度の心身共に健康なバレエダンサー
期間: 1年間
内容: バレエ団での1年間のインターンシップ(無給)
  • 当バレエ団の公演準備に参加
  • 当バレエ団のレッスンに参加
  • 当バレエ団のレパートリーを学び次第、バレエ団の公演に出演
  • 当バレエ団が行うダンスフェスティバルに参加
  • 当バレエ団のロシア国内外の公演ツアーに参加
  • インターンシップ終了後、正式に入団するチャンス!
応募締切: 2016年5月31日
インターンシップ開始: 2016年9月1日〜
公式HP: http://www.bashopera.ru/

バシキール国立オペラ・バレエ劇場について

bashkir_1

ロシアのウラル山脈の南のほうにあるバシキール共和国の首都ウファ市に位置するバシキール国立オペラ・バレエ劇場は、1938年12月14日に設立されました。1941年にレニングラード国立バレエ学校(現ワガノワ・バレエ・アカデミー)バシキール共和国効の卒業生からバレエ団が集められました。また、第二次世界大戦中にタラス・シェフチェンコ記念ウクライナ国立バレエは、ウファ市に避難され、同劇場の舞台芸術に大きな影響を与えられました。現在同劇場の公演はロシア国内だけでなく、海外公演ツアーにもよく出ています。フランス、イタリア、ポルトガル、ベルギー、オランダ、アメリカ、エジプト、ブラジル、メキシコ、中国などで成功を収めています。

地域の文化の中心となったバシキール国立オペラ・バレエ劇場では毎年、バレエとオペラの国際フェスティバル、バレエコンクールなどが行われます。一例として、ヌレエフ記念国際バレエ・フェスティバル、シャリャーピン・オペラ・フェスティバルなどが毎年開催されています。

2009年、バシキール国立オペラバレエ劇場は、「1000 best enterprises and organizations of Russia」の芸実と文化部門において金賞を受賞しました。2010年、「Russian National Treasure」賞を受賞しました。

主なレパートリー

「白鳥の湖」、「くるみ割り人形」、「ドン・キホーテ」、「海賊」、「ロミオとジュリエット」、「スパルタクス」、「ラ・フィユ・マル・ガルデ」、「ジゼル」、「セルフィード」、「アニュータ」、「カルメン組曲」 等、幅広いレパートリーを持っています。

 

芸術監督/首席バレエ・マスター:クワトワ・エレオノーラ・サフィエフナ(ロシア人民芸術家)

バシキール芸術監督

バシキール共和国のウファ市生まれ。1967 年にワガノワ・バレエ・アカデミー(I.トロフィモワに師事)を卒業後、バシキール国立オペラ・バレエ劇場のバレエ団に入団し、幅広いレパートリーを踊る。同劇場の海外ツアーに頻繁に参加し、同バレエ団のプリマバレリーナの地位を得る。

1987年より、ウファ国立バレエ学校のクラシックバレエ教師として所属、1994年より同学校の芸術監督を務める。2009年にバシキール国立オペラ・バレエ劇場のバレエ団の首席バレエ・マスターとバレエ芸術監督に就任。

 

1971 年 ロシア名誉労働賞
1971 年  バシキール共和国名誉芸術家
1974 年 バシキール共和国人民芸術家
1982 年 ソビエト連邦人民芸術家
1987 年 S. Yulaev State 賞を受賞
1992 年 「Certificate of Honor of President of BASSR Supreme Soviet」賞を受賞
2011 年 『バレエ』マガジンの「Spirit of Dance 」賞の「ダンス・マエストロ」部門において賞を受賞

ウファについて

ウファは、アジアとヨーロッパとの境界線となるウラル山脈の南のほうにあり、バシトルコスタン(バシキール共和国とも)の首都です。広大な草原、透き通った川や湖のある美しいウファは、民族の人口は、110万5667人(2015年調査)であり、ロシア人が54.2%を占め、地方から転入してくるバシキール人11.3%やタタール人27%です。

ロシア連邦の政治,経済,学術,文化,交通の中心都市であり、2015年にウファで上海協力機構、BRICS首脳会議を開催しました。

ウファには文化宮殿やバシコルトスタン国立劇場などの文化施設があるほか、バシコルトスタン国立の諸大学、航空機工業や石油産業に関する大学など、数多くの大学が集中しています。